【浮気相手に本気になって辛い女性必見】辛い気持ちから逃げる方法はただ1つ

浮気 相手 本気 辛い

 

浮気から本気になってしまいました。辛いです

 

不倫相手に本気になると

「どうして相手は結婚しているの?」

などと考えても仕方ないことを考えてみたり

「既婚者なのだから妻や家庭に帰っていくのはあたりまえ」

と自分に言い聞かせようとしたり。

 

思い込もうとしているのと、行動が、

一致しなくなります。

 

でも

毎日、彼のことが思い浮かび

夜も眠れなくなる。

食事も喉を通らなくなる。

 

浮気相手として割り切っていた気持ちの変化に、

とまどいを感じていませんか?

 

浮気が本気になることは、本当によくある話です。

 

この記事では

浮気や不倫が本気になったときに気持ちが楽になる方法

を紹介しています。

 

楽になる方法は、私の経験では、たった一つしかありません。

 

「浮気相手と割り切ってつきあっていたのに、本気で好きになってしまった」

「彼のことが四六時中、頭から離れない」

 

このように悩んでいるなら、この記事は参考になると思います。

不倫相手に本気になって辛い想いをしている理由

 

なぜ浮気相手に本気になったときに辛くなるのか?

理由はただひとつです。

 

彼にとっての一番は妻であり子供であり家庭です。

常にあなたは2番だということを意識させられるからです。

 

不倫の関係を続ける限り、この関係に終わりがないからです。

更に、どちらかが連絡を絶ったら終わる関係だからです。

別れ話ひとつなしに着信拒否で連絡できなくなることもあります。

 

そんな不安定な関係なのに

彼が暇な時に呼び出される。

家族で夏休みやクリスマスのイベントがあるときは常に1人です。

 

あなたが、彼の一番になりたいと思っても

2番であることを思い知らされるからです。

 

会えるのを楽しみにしていたのに、急にドタキャンされる。

辛くて涙がでてきます。

 

あなたは彼のことを大事に思っている。

だから、彼にも同じくらい大事にされたい。

このように感じてしまいますよね。

 

彼と会っているときは、愛されているという実感ができます。

 

でも、会ってないときは、冷たく感じる。

 

冷たく感じるのは、彼に愛されたあと、

毎回家族の元へ帰ってしまうからです。

 

愛しているのは、わたしだけじゃないんだ

彼の側には、奥さんが必ずいるんだ」と

嫌でも、実感させられます。

 

あなたが彼に本気になればなるほど、

常に2番目だという虚しさが襲ってきてしまいます。

 

ときには、彼が既婚者だということを、

忘れてしまう時があります。

不倫相手を本気で好きになったときに壊れそうな気持ちを抑える方法

 

自分がどれくらい彼を本気で好きになっているのか?

それは自分では分かりません。

 

「本気で既婚男性を好きになってしまった」

と感じたときは

・相手の都合に合わせて会わない。

・頻繁に連絡しない

この2つを試してみましょう。

 

何も感じなくなるなら、別れられます。

禁断症状のように我慢すればするほど、連絡したり会いたくなるようであれば

本気になっています。

 

あなたは不倫相手の彼の奥さんや子供に消えてほしいと思ったことはありませんか?

わたしも、この感情がでてきたときは、

自分の気持ちが怖くなったことがあります。

 

最初は、彼のことを、ただの浮気相手として見ていたのに、

彼と会うたびに、

人として、男性として、惹かれていくことは

誰にでも充分にあり得る。

 

不倫恋愛は、相手がいることなので、

きれいごとでは済まない。

 

あなたも、とっくに気づいているのではないですか?

 

実際に、感情をおさえられなくて悩んでいます。

 

不倫恋愛は、お互いが両思いよりも、

一方的な片思いのほうが辛いです。

 

「わたしはこんなにあなたを愛しているのに」と思っていても、

相手が答えてくれないから。

あなたは彼に本気だからこそ、

からだだけの関係や、都合のいい女にはなりたくないですよね。

 

でも、彼がまだ、あなたに本気じゃなかったら、

都合のいい女としか見てくれないです。

 

自分をコントロールしても感情で抑えられなくなっています。

ドロドロした感情から逃げ出す方法は1つだけです。

浮気相手を本気になった呪縛から逃れる方法は1つだけ

 

浮気相手にその気持ちを正論と理屈で抑えようとしても無駄です。

趣味などで気持ちを発散しようとしても無駄です。

 

考えることはただひとつです。

 

どうやったら略奪できるか?

 

彼からの連絡を待つにしても

「今日は連絡くるだろうか?」

「早く連絡が来て欲しい」

あふれ出しそうな感情を押えながら待つのは心を蝕まれます。

 

彼からの否定的な言葉一つで地獄までおちるでしょう。

それではこころが持ちません。

 

どうやったら略奪できるのか?を考える。

 

彼からの連絡を待つ時間も

「次に彼から連絡が来たら、どうやって私のほうに向かせるか?」

「奥さんとの違いを見せ付けてやろう」

と戦略的にまつのです。

 

もちろんそんなことは彼の前では出してはダメですよ。

言うなれば、主導権をもちながら「待つ」のです。

全然気持ちが違ってきます。

 

今は、奥さんや子供と楽しい時間を過ごしているのか?

なんて考えていると

嫉妬で身も心もボロボロになるだけです。

 

彼から連絡がきたときや、会うときに彼にとって至福の時間に変えていくにはどうするか?

「家庭を壊さない」と言っていた彼のルールを少しだけ逸脱させるためにはどうしたらよいか?

を考えましょう。

 

合わせて、他の男性と恋愛を始める努力をしてみましょう。

ちょうどよい気晴らしになります。

まとめ

 

浮気や不倫の恋は幸せになれない!

といいますが

そんなことはありません。

 

「前妻が強烈なモラハラ妻で、不倫相手と結婚して幸せ」

「なんとなく付き合っていた彼女と結婚したが、結婚してから本性を知った」

という夫婦もたくさんいます。

 

ただ、今のあなたは

不倫相手で2番目という立場です。

普通の男女が考える単純で分かりやすい恋愛ではありません。

「待つ」ことも「メンタルを維持する」ことも相当に難しいことだと理解しましょう。

 

あまり「わたしは彼にとって2番目でしかない」と

自分を責めなくていいですよ。

最初は浮気相手だったかもしれない・・・

 

けれど、つきあう内に気持ちが変わっていくのは、

当たり前だし、

ほとんどの人が経験しているはずです。

 

たまたま、彼には奥さんがいたから、

一般的な恋愛よりは難しい。

 

彼と離れてみて、客観的に自分を見る時間も必要ですよ。

 

こちらの記事では、一方的に本気になってしまって苦しんでいた女性が、

ある方法で彼と両思いになれた体験談が書かれています。

 

合わせて読んでみてくださいね。

 

不倫なのに本気の恋になって苦しんでいた私が相談相手を間違わなかったことで幸せになれた話

タイトルとURLをコピーしました