「既婚者同士の恋愛に疲れた」不倫相手との夢のような時間を終わらせた事を 後悔している日々から解放される方法

既婚者 同士 疲れた

1年前にW不倫を終わらせました。
刺激的で夢のような時間と現実のギャップと
彼との時間に終わりがくる不安に耐えられなくて
自分から終わらせました。
彼を忘れようと
友達と遊んでも趣味に熱中しても彼を思い出してしまいます。
家庭に不満はないのに彼が忘れられない。
彼を忘れたい・・・

 

不倫であっても好きになった彼を忘れる必要はありませんよ。

無理ですよ。

彼の思い出は、あなたの人生の一部になっています。

 

「彼はもういない」と分かっているのに

彼の幻想に支配されて苦しんでいる。

それを「よい思い出」として昇華するには多くの時間が必要です。

 

しかし

そもそもあなたは彼との関係を忘れたいと本当に望んでいるのですか?

不倫相手の彼をすぐに忘れられない理由

 

学生の恋愛は生活の苦しさが全くありません。

好きになった男性と別れても比較的簡単に忘れることができます。

社会人になってから、ましてや結婚してからの不倫は

苦労と退屈な日々の連続から抜けださせてくれる甘すぎる果実になります。

出会いもなかなか見つからないため

不倫彼と出会ったことが奇跡であり運命を感じてしまいます。

 

二人の時間が永遠に続くことを願いつつ

一方で、旦那さん、子供、家庭のことがあり

ずっと一緒にいれるわけではないので

会ってる時間が貴重なものとなり、一瞬の火が燃え盛るのです。

 

不倫彼とは一緒になれない現実や奥バレ、旦那バレしたときの

慰謝料などの問題が壁になり踏みとどまることはできません。

 

お互いに家庭を捨てることができないのであれば

別れがくることを知っているからこそ

苦しむとともに恋の炎が燃え上がるのです。

 

それは今までにない強烈な思い出として残り

別れた後もあなたを苦しめるのです。

麻薬常習者の禁断症状みたいなものです。

 

一度不倫をした人が何度も不倫をしてしまうのは

甘すぎる果実が忘れられないからです。

 

社会的には大バカで許されないことなのでしょうが

w不倫の経験ある女性は

今まで経験したことがないような燃える恋を経験したことに後悔なんかしません。

 

不倫彼をすぐに忘れることなんかできません。

あなたを苦しめている彼の存在から解放されるには

 

お互いの家族にバレることなく修羅場を経験してないのであれば

時間が経過すれは、彼とのことはよい思い出に絶対に変わります。

ただし、時間がかかります。

 

夢のような時間であればあるほど失くした後は強烈な禁断症状がでます。

そのときに

「半年たったのに彼が忘れられない」

「2年間毎日彼を思い出さない日はなかった」

と忘れられない自分を責めないこと。

「あ~今日も彼を思い出してしまった」と感じながらも

自分の一部なんだと理解していくことです。

 

仕事、趣味などなんでもよいので体を動かすようにして

彼を忘れる時間を少しづつ長くしていくことです。

 

日々の物足りなさをゆっくりと許容していくことです。

旦那や子供の会話はつまらないかもしれませんが安心感があるでしょう。

彼の嫌なことを書き連ねることはマイナス効果

 

夢のような時間を共に過ごした不倫男性の悪いところを

書きつなれることはマイナス効果なのでやめましょう。

 

彼との楽しい会話、行った場所、一緒に食べた食事、情熱的なエッチと

家族との平穏だけど退屈な日々と比べると

不倫彼がますます良くなるだけです。

彼を忘れられなくて苦しくていろいろと試してみるなら、体を動かしましょう。

どうして彼を忘れられず家庭で暗い毎日を送っているなら

 

新しい彼を探してエッチを楽しむ

 

100%旦那にバレない自信があるのなら

新しい恋人を探してエッチを楽しむことも効果は大きいです。

 

そのときには、不倫彼と違った付き合いをしてみてください。

新しい恋人とは限定的な付き合いにとどめるようにすることです。

「エッチだけ楽しむ」

「家族の会話はしない」

など関係を限定することで気持ちが新しい彼に行きすぎなくなります。

 

一瞬一瞬で家庭や不倫相手の彼のことを忘れることはできるでしょう。

 

気持ちが少し整理出来た後に彼ともう一度会ってみる

 

強烈な劇薬でもろ刃の剣ですが、

数年たった後に不倫彼ともう一度会ってみることです。

 

リアルな彼を見たら案外何も感じなくなっていて

忘れようと心で感じていたことが何だったのか?と拍子抜けするかもしれません。

 

不倫彼も苦しい思いをしているで会うのを拒否されるかもしれません。

それが今の彼の気持ちなのです。

あなたがドキドキした恋の思い出に浸っているだけという現実を知るでしょう。

 

反対に復縁して前回以上に恋の情熱が大きくなることもあります。

家庭のつまらなさ暗い気持ちになりすぎないこと

 

別れて半年や1年は彼のことを思い出します。

当たり前のことです。

彼がいない現実に徐々に体と心を慣れさせて行く必要があるのです。

 

「忘れられない」と深く思い込み暗い気持ちにならないことです。

あまりに思いが強すぎてメンタルの病気になる女性もいます。

 

不倫相手を長い間忘れられないと思い込んでいるなら

どうしても気持ちの整理がつかず思いがあふれそうになるなら

あなたの気持ちを100%受け止めてくれる相談者に思いをぶちまけましょう。

一人で悩むのは「忘れないといけない彼」のことを思い出すだけです。

 

ヴェルニで相談すると彼との未来が当たると噂される理由がここにあった!すごいと言われる秘密を特別にここで暴露します

タイトルとURLをコピーしました